ヘッダー

慰謝料請求を考えない知らない人が多い

メディアでもかつて慰謝料請求と言えば、有名な芸能人が「開き直って文化だ」といったこともありました。 また現在でも、主にヨーロッパの大統領や首相の間では、こういった行為をすることがあまり罪の意識がないということも言われております。
政治家は政治をしっかりしておけば、これがプライベートは不問に付すというような考え方なのです。
しかし日本では、これに対する主婦の考え方というのは、欧米とはかなり異なります。 これが日本では、仕事プライベートを不可分とする考え方が一般的です。

慰謝料を請求される可能性はかなり高い

プライベートで出来心でしてしまうと、その人の仕事の能力まで疑われかねません。 仮に、その人の仕事の能力が実際には優れていたとしてもですが、これは内容によってそれが大幅に急激にイメージダウンしてしまうということは、大いにありうる話。 それが、浮気をしました、という程度で済めばいいのです。 しかし、この世の中はなかなかそううまくは行きません。 結果的にパートナーが傷ついて、離婚、そしてこのお金を要求することだってあります。 離婚というと、必ずついて回るのが慰謝料請求の問題ですが、この流れやシステムについて様々な体験していないため知らないという人が実は結構います。

年々上昇している慰謝料請求というトピックについて

実は旦那さんも請求できる慰謝料です

まず離婚をするとなると、必ず支払わなければならないと考えている人がいますが、慰謝料請求でこれは間違いです。 離婚をするからといって、必ずこれを支払わなければならないという決まりはありません。
そもそも意味というのは、浮気という不貞行為による精神的苦痛、それに対する損害賠償という考えなのです。
ですので、主婦がパートナーがそれをとくに精神的苦痛と考えていなければ、これは最初に支払う必要はありません。 芸能人の金銭トラブルの離婚などを見ていても、無しで離婚が成立するという夫婦も実は大勢います。

どんなに仲良くても慰謝料請求となればシビアです

また、この大切なお金は男のほうが支払わなければならないと考えている人もいます。 これは結局はこれも大きなミスで間違いと言えるでしょう。 前述の定義からすれば、基本的にはこういった行動をしたほうがそのパートナーに支払うというのが、やはり正しいものです。 ですので、もし奥さんのほうが不貞していたとなると、このように旦那さんが慰謝料請求したってもちろんここでは構いません。

逆にばれたら慰謝料請求もあることを認識

状況証拠だけで慰謝料請求に大きく関係する

仮に、離婚して奥さんが収入が安定しないと行っても、慰謝料請求ではそれはまた別の問題です。 精神的苦痛に対する損害賠償ですので、それは支払わなければなりません。
そして、パートナーからこれをされなくてもお金を支払わなければならないと主婦でも考えている人も中にはいますが、これも大きな間違い。
パートナーからとくに請求をされなければ支払う必要はありません。

セレブが慰謝料の請求で一気に貧乏に

不貞をしたほうから、「慰謝料を支払う」という必要もこの段階ではとくにはないのです。 中には、「こんなことをするような男からのお金なんて受け取りたくない」と考えている人も中にはいます。 このような一般的な調査で探偵を利用する人がいます。 探偵が集めた資料というのは、慰謝料にも大きな力を持ってきます。 ただしそれはあくまでも、離婚が法廷にまで持ち込まれた話のこと。 通常の離婚、あるいは協議離婚の場合でしたら、浮気でも特に物的証拠がなくても請求することはできるのです。 また、最近の裁判の傾向をみていても、これは事実を示す物的な証拠(ラブホテルに入る瞬間の写真など)がないとしても、状況証拠だけで不貞行為を認めて、それが大きく関係してくるというケースもあります。

慰謝料請求された際の対応も考えておかなくてはいけません

相手に慰謝料請求する事もある

慰謝料請求と言いますと、一般的には裏切り行為をした配偶者に対してするというものです。 しかし最近増えているのが、配偶者の相手にするということです。
たしかに、この定義から考えると、相手に対してするというのは、決して筋違いなことではありません。
精神的苦痛に対する損害賠償であり、その精神的苦痛を与えたのは配偶者でもあり、相手でもあるのですから。

慰謝料請求される覚悟はできていますか?

とくに、主婦である奥さんが相手に慰謝料を請求するときというのは、憎しみというか、劣等感というのが入り混じっております。 旦那さんが自分より相手を選んだことで、自分としては劣等感を抱いてしまうということです。 これは特に、女性同士で強い傾向にあります。 旦那さんが奥さんの浮気相手にするというのは、あまり多いケースではありません。

恋愛の種類が豊富な様に慰謝料請求も千差満別

婚姻期間によって値段が決まる慰謝料請求

また、ここで気をつけなければならないのは、慰謝料請求は相手がもし既婚者の場合には、相手の配偶者から受ける可能性があるということも考えなければなりません。 例えば、Aさんという旦那さんがいて、Bさんという奥さんがいます。 Cさんという旦那さんがいて、Dさんという主婦の奥さんがいます。
AさんとDさんが浮気をした場合、AさんはBさんからされる可能性もあると同時に、Cさんから慰謝料を請求される可能性もあるということです。
では、金額というのは、どのようにして決まっていくのでしょうか。 もちろん、一般的な相場というのはありますが、それはいくつかの要因によって変動をします。 その主な要因というのは、「内容」と「婚姻期間」です。

証拠を押さえられれば慰謝料請求の額は上がります

婚姻期間が短いほど安く、長ければ長いほど比例しては高くなっていきます。 内容というのは、様々なものがあります。 仮にしている期間が長いか短いかというのもありますし、仮にばれたときの対応というのも大きな影響を与えます。 その証拠はそろっているのに、あくまでもしていないとシラをきるような対応をすると、ここでは配偶者にとってはさらに精神的苦痛が多くなります。 これも増額させる大きな要因といえます。 さらにこういったケース以外の要因というのも大きな影響を与えてきます。 それは、ドメスティックバイオレンス、家庭内暴力です。 Aさんという旦那さんがいてBさんという奥さんがいたとします。 AさんがBさんの暴力をふるって、Bさんが仮にしたとして、Aさんが離婚に際して慰謝料を要求したとします。 しかしこの場合、暴力から逃れるために行動をしたという考え方も出来るので、減額される可能性が高いです。 一方、AさんがBさんに暴力を振るった挙句、これはAさんがさらに不貞をしていたとなりますと、状況はさらに悪くなります。 Bさんの肉体的、精神的苦痛を考慮すると、請求金額は相当高くなる可能性があります。 ただし、一般人の場合ですと、なかなか1000万円をオーバーするようなトピックは難しいというのが現状です。

一般社会でも慰謝料請求は当たり前に変化

このページの先頭へ