ヘッダー

親密になれるパート先での超えてはいけない一線

一番初めに超えてはいけない一線を考えるのは、最初は全くパート先で意識をしていなかったというパターンがほとんどでしょう。 そのような交流を求めて職場を探していた訳ではありません。 これは大抵の場合が時給やシフトの組みやすさなどをメインとして見つけるのではないでしょうか。
しかし同僚と一緒に働き時には忙しくて大変な状況や、辛くて面倒な現場もあるでしょう。
そういった環境を共にするうちに距離感はどんどん狭まっていきますので、旦那や家庭に対して何も不満を持っていなければ、特に心配をする必要は実際はありません。

一線を越えてしまうともう戻れません

仮に自分を女として扱ってくれない、夜の営みなどの回数で少なからず何か嫌な思いをしている場合は当然、ここでは薄れて時間が空いた時などに愚痴を溢したくもなるでしょう。 そうなるとやはり真剣に話を聞いてくれる自分と同じくらいの独身の男性や、まだ若いアルバイトの大学生などが徐々に気になり始めてしまいます。 そして、向こうもそのような内容の話をする位ですから、ここで自分に気があるとここから意識しだします。 職場の人間関係は良くも悪くもリスクはありますが、超えてはいけない一線を越えて、かなり密接で恋愛や浮気にも継続して発展しやすいのです。 それが主婦であってもパート先の上司やアルバイトの大学生と知り合い、どうしても、その結果として超えてはいけない一線があるのは、こういったコムジャプリもこのように例外ではありません。

夫も疑っても超えてはいけない一線に踏み込めない職場

二番目にパート先や職場が密接にいけない一線のラインを超える機会を与えている原因となっているのが、歓送迎会や打ち上げ、忘年回や新年会などです。 これは会社としてはコミュニケーションの場や話し合い仕事を潤滑に行うためのミーティングとして設けているかもしれません。
しかし主婦にとっては、お酒を飲む数少ないチャンスとなっていることが多いのです。
当然、いつもよりも羽目も外しやすく、普段では絶対に起きることのない間違えが起きてしまう可能性はパートでも数倍に膨れ上がります。 夫としても仮に半信半疑で疑っている状態であっても、このように普段通っている職場にはどうしても踏み込めないというケースが多いようです。

体の関係だけが一線を越えるという意味ではない

不覚にもお酒に酔っぱらってしまった事でそんな不倫のつもりはなかったとしてもです。 つまり上司との距離が近くなってしまったり、断りきれず体の関係になってしまう割合や確率はどうでしょうか。 一般社会でもこれは予想以上にかなり多くあります。 特に注意をしなければいけないのは普段は草食系でおとなしく、そのような行動は一切しなさそうな雰囲気を持つ女性がアルコールで豹変してしまう浮気の例はよくあることです。 それが日々のストレスからなのか、コムジャプリで一気に超えてはいけないような一線のぎりぎりのラインを、このタイミングで無視して発散しようとしてしまうことが、パート先の飲み会ではよくあるようです。

超えてはいけない一線のギリギリのコミュニケーションを探す


口裏合わせがし易い超えてはいけない一線同士の仲間

週どれくらいのシフトで働いているかにもよりますが、マンションの自宅で夫と過ごしている時間よりもパート先にいる方が長いというパターンもあります。 そうなると当然ですが、一緒に働く上司や同僚、アルバイトの大学生と一緒にいる事の方が多くなり超えてはいけない一線も曖昧にしまいます。
仮に結婚している主婦だったとしてもこういった環境としてはしやすい状態にあると言えるでしょう。
口裏を合わせて隠すこともできますので、疑われることなくできるという訳です。

手をつないだりキスでも一線を越えたことになる

しかし注意しなくてはいけないのは、バレてしまったりそれを快く思わない様な同性がいた場合には、これが結局はそこから情報が少しずつ漏れてしまうケースが良くあるという事です。 そうなってしまうと辞めなくてはいけないシチュエーションになります。 このように今まで通りにパートで収入を得ることが難しくなります。 家計にまで打撃を受けてしまうのです。 また、近所や顔見知りが沢山存在する場所での行為ですと、当然のことながら浮気の噂もあっという間に拡散されてしまいます。 ママ友や昔からの友人にも白い目で見られてしまうでしょう。 そういったコムジャプリの体験での面を考えると、これは近場のパート先では一線を越えてしまうリスクもかなりあるという事を忘れてはいけません。

実際に大学生やフリーターと超えてはいけない一線へ


このページの先頭へ