ヘッダー

後悔するならしてしまえという考えやメリット

人生においてこれまで後悔が一切ないという方は男性でも、女性でもないに等しいのではないでしょうか。 小さなころから大人になるまで、様々な場面で色々な選択を迫られて生きてきたと思います。
恋愛や結婚においても当然そうでしょうし、主婦は出産や子育てでも何か一つを選ばなければいけないような場面があったでしょう。

後悔しても浮気した事実は一生残ります

罪悪感もなくその全てを正しかったと思える性格もあれば、やっぱり、どうしてもあの時こうしていれば、もっと人生はハッピーだったかもしれないと考える心情やタイプもいますので、結局は答えはバラバラで正解もありません。 そして今現在も暮らしの中で浮気をしていいのか、将来的にどうなるのかという不安と闘っている人もいるでしょうし、やはりこれはいつの時代にもあることで、誘惑や人としてのモラルと戦いながら生きていくのです。 たった一回の人生だからと後悔しないようにアクションしたことが、結果として後々にさらに大きな重い負荷となり降りかかるような状態となるケースも実際にあります。 これは、逆にまたなんであの時勇気を出してみなかったのだろうと今までのように同じ過ちを罪悪感がなければ繰り返してしまうかもしれません。 しかしどちらが良かったかを内側を判断するのは最終的には愛する人を、ここではどんなことがあってもです。 このように一度でも、ここで裏切ってしまったという内容の後悔も、持ち続けるのは自分であることを忘れてはいけません。

万が一ばれなくても後ろめたさと後悔を背負うことに

自分が知らないだけで実は相手は不倫を過去にしているかもしれないのです。 そのような罪悪感や後悔を抱えているかもしれない、というような考えを抱く人は男性でも女性でもどこかしらに少しの不安を抱いていることが多いようです。
もちろん心当たりがある可能性も高い傾向にあります。
だからと言って疑ってしまえば、信じてないという風にも取られてしまいます。

反省したり後悔しても裏切った事実は変わりません

そのようなことを伴ってそれが原因で言い争いや喧嘩に繋がってしまう可能性もあります。 裏を返せば、されている方は貴方が考えている以上にいずれにしても辛く悲しい思いをするわけです。 インターネット上では主婦が自分の内面ばかり投稿されているのを無料の2ch掲示板などでよく頻繁に見かけます。 しかしそれはあくまで自分のことを正当化するための身を守るための防御方法でしかありません。 誰かに打ち明けて懺悔する事によって鬱憤が晴れるのではないかという錯覚でしかないのです。 いずれにしても、事実は変わりませんので後悔を抱えているにしても、現状で誰にも知られずに秘密になっているのであればどうでしょうか。 その状態でわざわざ浮気を打ち明けるような必要はないのではないでしょうか。 そうする事で自分の心は多少は晴れても、罪悪感や心に傷を負ってしまう人が誕生するのです。

懺悔する事で後悔は晴れることはありません


ずっと今の不満を抱えることに対しての後悔もある

現在の夫婦関係や夜の営みなどに対して不満や後悔の念を抱えていたり、冷め切った旦那との距離感に不満を抱えたまま毎日悶々とストレスを抱え込んでいる主婦もいます。 家事や育児だけでなく嫁姑問題などで気を使うことに疲れてしまい、ある日突然に罪悪感のことよりも爆発してしまうのです。 今そういったメンタル面での問題は年々上昇していますので注意しなくてはいけません。

最初から後悔するくらいならしない

仮に今の心情がそうだったとしても子供の将来や今の環境を考えると自分一人がこれからも我慢をすればよいと、陰でずっと一人で抱え込んでしまうのです。 もちろん旦那に相談したり話し合いでそれが解決できるのであれば、問題はありませんが、結局それさえも口にできない様な状態であるケースがほとんどです。 そうなって一度距離ができてしまうとなかなか取り戻すのは難しくなります。 仮にそれが浮気をすることによって発散できたり、女性として若々しくいるためのポイントの体験となるのであれば絶対に悪いこととは言い切れないのではないでしょうか。 実際に40代や50代位なった時にあの時、あの人と勇気を出していきます。 ゆっくりと食事でも行けば今の寂しい状態も向き合い方も変わったのではないかと罪悪感よりも後悔している方も想像以上に多くいるのです。

いずれにしても恋愛に後悔は付きまとう


このページの先頭へ