ヘッダー

通話履歴やメールが発覚のきっかけになるため証拠隠滅

徹底して行わなくてはいけない事が、前後の証拠隠滅とアリバイ工作です。 人間というのは、なかなか一人の異性では満足できません。
それは、人間が動物であることの証明でもあります。
しかし人間が他の動物と異なるところ、それは理性があるということです。

一番の簡単な証拠隠滅方法とは

その理性に加えて、一夫一婦制という日本の法律もありますので、通常の人は浮気の意欲を抑制できております。 しかし中には、理性による歯止めが利かず、ついつい不貞をしてしまうという人もいます。 パートナーの不倫に対して、少し疑問を持っているという方も、当然多いのではないでしょうか。 そんな時にまず行っていくのが、主婦が自分で過去のアリバイを探すということです。 そんな慰謝料のもっとも手っ取り早いチェックといえば、まずは携帯電話をロック解除して細かく隈なくチェックするということです。 そして携帯電話の通話履歴やメールの履歴を見ることです。 これがタイムリーでどんな人と連絡をとっていたのかということが、はっきりと事実として誰もが分かります。 仮に、通話履歴やメールの履歴を削除しクリーナーで消すように仮に証拠隠滅したとしてもです。 このように徹底して抜け目のない証拠隠滅を行うことは確実に外せません。 しかし、これは逆に万が一下手を打てば、考え方によってはもしかすると逆にその行為自体がさらにパートナーへの疑念をかなり深める結果となります。

証拠隠滅できないと慰謝料の交渉では不利

しかし、証拠隠滅した場合自分で確認をすることには限界もあります。 既存のスマホや携帯電話のメールや通話履歴だけでは、浮気をしている決定的なものとはなりません。
確たるものがないと、相手は逃げ口上を打ってしまいます。
そんな消しゴムやクリーナーをかける様ないいわけができないような決定的な、証拠となる事実をつかまないといけません。 後々の慰謝料の交渉においても不利となってしまいます。

疑う余地を与えない事で証拠隠滅する

慰謝料の事までを考えているのであれば、ここはプロに依頼をしたほうがいいでしょう。 かなり高額ですがプロに依頼をするメリットというのは、主に以下のことがあげられます。 まずは、時間を問わず証拠隠滅ができるということ。 人に知られたくないことというのは、誰にも知られにくい時間帯で、絶対に知られないような場所で行うものです。 時間帯としては深夜や朝方、場所は自宅から離れたところというのが多いようです。 そんな時間帯に、一民間人であるパートナーがするということには、硬く意志が強くあったとしても主婦なら限界があります。 しかし、プロであれば、時と場所を選ばずしてくれるので、これで肉体的負担も多くありません。 また、証拠隠滅のために顔がばれる心配がないというのもメリットです。

アリバイ工作をしても証拠隠滅が完全に出来るわkではない

写真や動画は裁判などで有力になるため証拠隠滅

パートナーがこういった依頼をしていて、うっかりターゲットと鉢合わせをしてしまったとしたならば、クリーナーのような役割を果たすものを使用して証拠隠滅をしても顔がばれてしまいます。 尾行がばれるというケースはほとんどありませんが、こういった体験が万が一ばれたとしても顔をターゲットは知りません。 ですから、顔ばれの心配もありません。
こういったことも、主婦にはもちろんメリットとして重要なのですが、これは慰謝料を前提にしたメリットと言いますと、収入能力に優れているということがあげられます。
深夜や早朝の尾行において、決定的瞬間を記録するというのはなかなか大変なことです。

証拠隠滅のため履歴はメールだけでなくネットも

写真撮影をしようとしても、このようにフラッシュを使ってはターゲットにばれてしまいます。 そこで、プロの業者では赤外線装置を使って、眩しいフラッシュを使用せずとも夜間の撮影が出来るようになっております。 また、近くから見たい思いから撮影をしようとしても、どうしても限界があります。 専門のカメラは望遠レンズもありますので、遠い距離からでも鮮明な写真を撮影することが出来ます。 カメラやビデオなどで撮影した写真や動画というのは、決定的なアリバイがない状態です。 百聞は一見にしかずということですが、これに加えてこういった能力を持ってくるのが、業者が終了後に作成する報告書です。 報告書には、ターゲットが何時何分、どこでどんな行動をしたのかということが事細かに記されております。 そこにはもちろん、前述した写真や動画の添付もすることができます。 また、証拠隠滅をしったとしても依頼者が希望すれば、相手も特定をすることが出来ます。 こういった資料は、浮気の慰謝料を決定する裁判や調停のときなどでも、これがまた有力な資料となるのです。

確実に証拠隠滅をするためには手間も時間も掛かる

このページの先頭へ